Courseコース

4つの柱

OISは現在保育部、幼稚部、小学部、そして中学部の4学部からなっています。
それぞれの学部はそれぞれ独立し、その年齢に応じた質の高いプログラムをおこなっていますが、4学部は常に連携し、情報を共有しながら保育部から中学部までの一貫教育を実現しています。
既に高等部の準備が始まっており近い将来高等部までの国際バカロレア一貫校を目指しています。

保育部Preschool

スクールという小さな社会ですが、子ども達は色々なことに興味を持ち、自ら動き、チャレンジし、何であるかと探究を繰り返しています。その探究する姿勢を身につけることは3歳児クラスから本格的に始まる国際バカロレアプログラムへと繋がっていきます。

楽しみながら自然と英語を身につける事が出来るよう、外国人教師と日本人保育士とでカリキュラムを作っています。毎月テーマに合わせたアクティビティや課外活動等を行い、子ども達は英語や基本的生活習慣などを習得していきます。

言葉は学ぶのではなく環境によって自然に身につくものです。その最も理想的な年齢がプリスクールです。

保育部について

幼稚部Kindergarten

3歳児クラス(OWLET)、4歳児クラス(Eaglet 1)、5歳児クラス(Eaglet 2)に分かれています。
外国人教師と日本人教師によるチームティーチングで授業が行われます。クラスは分かれていても常に情報を交換しお互いを助け合いながらカリキュラム作りからクラス運営を行っています。
幼稚部の年少クラスから何事にも興味を抱き、探究する姿勢を身に付け、更に英語環境で学び育つことはこれからの学びの人生の中で最も重要な基礎となります。

幼稚部について

小学部Elementary

小学1年から小学6年のクラスです。
授業における基本言語は英語ですが、国語の授業は日本語で行われます。従来の教科書中心の授業とは異なり、生徒自ら探究し、知識を深めていく探究型プログラムをとっています。
一部の学年では複学年クラスを設けており、探究型プログラムの長所である学習の楽しさや知識の共有、助け合う授業が創られています。
多角的な視野を持ち、社会とのつながりを常に考えながら学ぶことを大事にしています。

小学部について

中学部Middle school

OISの中学部では、Grade7(中学1年)~Grade10(高校1年)の4年間、スイスのジュネーヴに本部を置く国際バカロレ ア(IB)プログラムに準じた国際教育を行っています。
初等部 のPYPで 培った探求型教育をより深めていくために科目担当教員全員が定期的に会議を開きカリキュラムやシラバスを作成し、教科間の連携をとりなが ら総合的学際教育 をおこない国際的に通用する人材を育成します。 同時に、自国の伝統文化、歴史、言語にも関心や知的好奇心を高め、理解を深め、アイデンテ イテイ―の確立を 目指します。
授業は、国語の教科以外、原則として全て英語で行われます。社会貢献やボランテイア活動が必須で最後の学年のGrade10では、総括として各生徒のプロジェクトの公開授業が 展開されます。

中学部について

サマースクール

オキナワインターナショナルスクールでは毎年夏にサマースクールを開催しています。サマースクールはOISの在学生だけではなく外部学生も受け入れ、毎年述べ400名が参加する人気のプログラムです。

UP