OISの学習環境

OISには独自の学習環境があります

School Logo Message ~マークに込める想い~

外を囲む青い円は、沖縄の「O」、Oceanの「O」を模しています。未来へ羽ばたく鳥の足とまっすぐな瞳を「i」で表現します。
そして「S」のイメージで鳥の姿を描きます。青い円の外側まで突き出すくちばしには、沖縄を飛び出して日本へ、世界各地へ飛躍していく将来像を。王冠には、常にトップに挑んでいく勇ましい決意の心を込めています。
〈 HOLD ON TO YOUR DREAM AND CLIMB FOR IT. 〉 ~ 夢を持って!そこをめざし続けなさい~

英語4技能の育成

OISは英語と日本語のバイリンガルスクールとして、英語の4技能を段階的に身につける独自のプログラムを持っています。
英語力の指針は、小学3年で英検3級レベルを、4年・5年で準2級、5年・6年で2級、中学生で準1級取得を目標に、小学5年・6年でバイリンガルに到達します。

日本語能力も重視

インターナショナルスクールではバイリンガルの人材育成を目的に「英語」を多用しますが、真の意味でのバイリンガルとは「1つの問題を異なる言語で、同じレベルで解決する能力」を指します。
この観点から本校では、英語の基礎力と日本人の母語である日本語能力を「均等に伸ばし高める指導」を大切にしています。教室では小学1年から「日本文学と日本語」を分け、論理構成に基づいた「日本語の4技能」を高める授業を継続。
これを大きな特徴とします。

充実したI CT 環境

本校では、2012年から幼稚部・年長クラス以上のすべての児童や生徒にiPadを提供し、速いスピードで進化するICT環境に適応するための教育環境を整えています。
2018年からは小学部にコーディング(=プログラミング)のクラスを導入し、論理的思考力を持ったICTスキルを育成します。

チームティーチング

外国人教師と日本人教師が協働して授業や教材開発など行なう「チームティーチング」を導入しています。
生徒に独自の学習環境を創出する効果や、保護者と教師が日本語、英語どちらでもコミュニケーションできる利便性も生み出します。
すべての教師が正式な教員資格と長年の指導経験を持っています。研修やセミナーで継続的な知識の深化と指導技術の向上にも取り組んでいます。

沖縄を「知る・学ぶ」授業

しまくとぅば
沖縄は長い歴史の中で、独特の文化や風習を生み出してきました。とくに「言語(=しまくとぅば)は代表的な「琉球のアイデンティティ」で、本校ではこのテーマを大切に学びとるための探究クラスを設けています。この学びは、国際バカロレア教育が標榜する多文化理解、相互の尊重、平和な世界の創造へと結びつきます。
空手
本校では2014年より「空手」を正課として取り入れています。空手は沖縄を発祥の地に、いまや世界中に広まっている武道です。沖縄のアイデンティティを体感しながら、さらに黒帯をめざして鍛錬することは、学ぶ者の心を強くします。将来、自らが定めた目標に向け数々の難題を乗り越えながら成功をつかんでいく、そのための精神力を養います。

資料請求・学校見学・体験授業 お気軽にお問い合わせください

資料請求・学校見学のお申込み

資料請求

お電話でのお問い合わせ [8:00 - 16:45(平日のみ)]

098-835-1851

オープンスクール・学校説明会などを開催しています。