小学部の教育

国際バカロレア/初等教育課程 中期・後期

1つのテーマを複数の教科で探究する独自の教育法

IB-PYPを学びの軸に、児童自身が探究することの楽しさを感じ、そのプロセスや方法を理解しながら成長していくサポートをします。固定観念にとらわれず本質をとらえさせる指導で、子どもたちは身のまわりのことや社会全体の問題について深く考えるようになります。学ぶことに前向きなIB学習者として、知識、身体、感性の全人教育を実践します。

教科の枠を超えた「6つのテーマ」

テーマの探究を通じて算数や社会、理科などの教科スキルを養います。同時に、教室で学ぶことと社会との「つながり」を意識させる指導も大切にします。
テーマ1私たちは誰なのか
テーマ2私たちはどのような場所と時代にいるのか
テーマ3私たちはどのように自分を表現するのか
テーマ4世界はどのような仕組みになっているのか
テーマ5私たちは自分たちをどう組織しているのか
テーマ6この地球を共有するということ

「沖縄」のアイデンティティも大切に

感受性ゆたかな小学生の時期に、もう一つの大切な学びを。「沖縄」が舞台の国際バカロレア校として、郷土の生活・文化・歴史などを学ぶ「しまくとぅば」のクラスを開設。IB学習者の使命である“平和な世界を築くこと”にも通じる独自の指導方針です。

学びの集大成「EXHIBITION」活動

EXHIBITION(エキシビジョン)とは、国際バカロレアの初等教育課程で培った知識・スキル、人や物に対する姿勢・行動のすべてを活用して、個人または協働で探究テーマを選び、発表する集大成の場です。中学部への進学の大切な礎となります。

小学部の学習環境

「言語環境」に合わせたチームティーチングをします

小学部では、外国人教師と日本人教師が共に授業を計画し、児童の言語レベルや教科内容に応じたチームティーチングを行なっています。たとえば、授業で使う言語が英語の場合、英語の環境を整えるために外国人教師が主となる授業を行い、日本人教師はサポートに徹します。そうすることで、児童は、英語環境の中でも日本人教師に頼りすぎることなく、自立した学びの形を身につけていきます。

本物の英語力を育成

OISでは、ただ単に聴いて話せる英語ではなく、「英語を自在に使いこなして」自分の意見を伝えたり、討論し合ったり、思うままに記述できる能力を完成させます。
◆英検…小学6年までに2級レベル以上
◆TOEFL iBT…スコア57~86
の習得をめざします。

日本語での指導も万全に

すべての学びの土台となる「国語」の授業は日本語で学習。算数、理科、社会など国際バカロレアの探究型授業はバイリンガルで学びます。「使える英語力」を養うために、「第一言語である日本語」の力をしっかり高めて、英語の力につなげていきます。

ICT環境を授業に活用

より高い学習効果や、授業の能率化、情報社会に即応するIT技能の向上をめざして、英語や国語、算数などの各教科から、国際バカロレアの探究学習まで、すべての児童が専用のタブレット端末(iPad)を活用。先進のICT環境で次世代の授業に挑みます。

公立小学校・教育委員会との関係

オキナワインターナショナルスクールは国際バカロレア(IB)の認定校ですが、文部科学省からの認定を受ける「学校(一条校)」ではありません。義務教育が始まる小学1年生からは、児童は学区内の公立小学校に入学して、そこに学籍を置きながらOISの小学部で学ぶこととなります。
学籍のある公立小学校からは他の児童と同様に教科書が配付され、健康診断などもそこで受診します。出席や成績などの報告は定期的にOISから学校側へ報告が続けられ、学籍のある公立小学校から卒業資格が与えられます。
(日本国籍を持つ児童の場合)

小学部からの進路

IB integrated education ~国際バカロレアの一貫教育~

「国際バカロレアの一貫教育」を求めて、多くの在校生が「OISの中学部」へと進んでいきます。

「進路相談デスク」が万全にサポート

OIS中学部への進学や、公立小学校からの転入学など、あらゆる進路相談にお答えします。

資料請求・学校見学・体験授業 お気軽にお問い合わせください

資料請求・学校見学のお申込み

資料請求

お電話でのお問い合わせ [8:00 - 16:45(平日のみ)]

098-835-1851

オープンスクール・学校説明会などを開催しています。