幼稚部の教育

国際バカロレア/初等教育課程 前期

子どもの好奇心といっしょに世界へ飛びだす学習の旅

子どもたちの探究は、身近なものごとやできごとに関心を持ち、目を向けていくことから始まります。
ひとつの「なぜ?」をきっかけに広がっていく、学びの世界を実現するために、幼稚部では「国際バカロレア・初等教育課程(PYP)」の前期プログラムを導入しています。
教える側は、ただ単にすべてをレクチャーするのではなく、子どもの自主性を尊び、「個性」と「人権」を大切にするのが国際バカロレア(IB)の基本理念です。

「子どもが主役」の世界が認める教育環境

幼児期の子どもたちは、いつも好奇心いっぱいに瞳を輝かせて「自分の知らない世界」へ飛び込むのが大好きです。
園児たちの“なぜ?なに?知りたい!”をクラス活動の中心に置き、3歳~5歳の年齢に合わせた国際バカロレアプログラムを実践。世界トップ水準の教育環境を整えています。

幅広い探究能力を育むUO I [ Unit of Inquiry ]

探究活動のひとつ [ UOI ( Unit of Inquiry)]では、自分の身のまわりのできごとを、世界で起こっていることと結びつけながら、じぶんの力で「しらべ学習」します。PYP・前期課程は英語・算数・音楽・アート・コンピュータなどの複数の教科を横断して考え、学習することを特徴とします。

スクールでの遊びや生活のなかに自然と英語にふれる時間があります

クラスが進むにつれて、生活のいろんな場面で英語による働きかけや英語での発信が増えてきます。もちろん同時に、母国語である日本語での活動も大切にします。

幼稚部の学習環境

「上級生との交流」からの学び

日々の生活のなかで、子どもたちは自然に「もっと良くなろう」としています。幼稚部では「上級生と関わる場面」を積極的に取り入れ、身近なあこがれや、真似してみたくなる姿などに数多く触れさせます。向上心を刺激して、自分から進んで学んでいく大切な機会です。

先進の「ICT環境」も充実

幼稚部(5歳児クラス)から小学部、中学部までの全生徒がタブレット端末(iPad)を活用。情報社会に即応するI C T 環境を整えて、学習の質を高めます。

日々の学習に連動する「イベント」

多彩なイベントでたくさんの「できた!」「楽しい!」を経験します。例えば運動会(Sports Festival)ではチームワークや競争心を養い、学芸会(SchoolPlay)では身につけてきた英語力や表現力を披露します。年間を通してユニークなイベントを数多く催します。

80%以上の園児が【小学部】へ進学

幼稚部では、小学部への準備となる基礎学習として英語・日本語・算数の「読み・書き・計算」の指導も大切にしています。さまざまなワークシートやICT教材を用いて、園児ひとりひとりのレベルに合わせた習熟度の支援を積み重ね、小学部へのスムーズな移行をはかっています。

保護者の声

保護者の皆さまから うれしい声をいただいています

Owletクラスお母さまより

当初こそ英語を使う学習環境に通わせたい、という理由でしたが、国際バカロレアプログラムを知って、その教育方針に惹かれました。世界共通の教育プログラムの中で、広い視野を持ち、物事を深く考え、探究力を養い、自立した国際人を育てるOISのカリキュラムに期待して、わが子の成長を見守ります。

Eaglet1クラスお母さまより

幼稚部に通って2年になります。保護者に対して先生方が協力的で、園児一人ひとりの能力を認め、ポジティブな言葉かけや適切な接し方で成長を促してくれる点に感銘を受けています。入園してから随分と進歩し、娘が毎日成長していく姿を見るのが楽しみです。OISに入園させて良かったと思います。

Eaglet 2クラスお母さまより

IB学習を積み重ねるうちに、子どものなかに「なぜ」「どうして」の疑問を探究する姿が見られ始め、世界観の広がりを感じます。思いやりや言葉使い、お友だちとの接しかたも良くなっています。親の注意も内容を理解して素直に聞き入れるようになりました。将来は人のためになる大人になってほしいです。

資料請求・学校見学・体験授業 お気軽にお問い合わせください

資料請求・学校見学のお申込み

資料請求

お電話でのお問い合わせ [8:00 - 16:45(平日のみ)]

098-835-1851

オープンスクール・学校説明会などを開催しています。